肌質

MENU

肌質変わった?

ここ何か月かでお肌が悲鳴を上げ始めました。
日常生活のちょっとしたことが影響しているのか、全てお肌に反応が出てしまいます。

 

今までと変わらない生活をしているにもかかわらず…です。
何かに変化があったどころか、逆に何の変化もないのになぜ?っていう状態です。

 

朝起きて、気がつくとなんか顔が痒いんです。
チクチクする感じで不快感全開です。
髪の毛先が当たっているのは事実ですが、今まではこんな状態にはならなかったので、正直イライラしましたし、ストレスいっぱいでした。

 

そのせいか、お肌の悲鳴は徐々に深刻になっていき、なぜかスキンケアアイテムがしみるようになったんです…。

 

このスキンケアアイテムもこれまでのものから変更したことないのに、なぜ?っていう状態です。
それで余計イライラ、ストレス倍増…。
それが心理的な負担となってお肌の悲鳴が止まらない…。

 

この負のスパイラルにはまってしまったら、もう元には戻れないんじゃないかと、かなりの焦りを感じました。

 

荒れ放題のお肌にメイクはしたくないですから、外出なんて必要最小限になり、人と会うのも視線が気になって落ち着かないし…。

 

気分も優れないこの地獄のような状態から抜け出さなければいけないと思ったきっかけは、実はネットでの交流です。
思った以上に敏感なお肌のトラブルで悩んでいる方がいたので「自分だけじゃないんだ」っていう、妙な安心感に慰められたんです。

 

そういった交流を続けていくうちに、地獄から這い上がって明るく生活している人の話も耳にするようになりました。
「わたしも何とかしなくちゃ!!」という、単純な考えです。
人の話を聞くうちに、わたしも何とかなるっていう自信が湧いてきたんです。

 

たくさんの方の経験談などを参考にして、敏感肌の負のスパイラルを断ち切ろうと思ったんです。

 

まずは自分の肌タイプを調べました。
ニキビなどが悩みだったのでオイリータイプだと思っていたら、なんと立派な乾燥肌でした…。

 

そこで全ての基礎化粧品を乾燥肌用に替えました。
低刺激でお肌の負担が軽いもので、保湿力に優れたものに変更です。
もちろんアルコール成分は入っていません。

 

私が基礎化粧品を探したのはこちらです。

 

→ 敏感肌化粧品 口コミ

 

食事や生活習慣も大改造です。
自分では自信のある分野でしたが、栄養素のバランスという面では、勝手な判断で満足していたのが発覚しました。

 

その中でも、睡眠時間だけは花丸でしたね!
お肌が再生するターンオーバーの時間だけは死守していたので、それはこれまでのようにぐっすり睡眠をとるように心がけています。

 

改善しようと決心できたことで、前向きになれました。
今までのようなイライラやストレスはないと言えばうそになりますが、これまでとは違います。

 

お肌のコンディションに変化が現れるまでには、ある程度の時間がかかると思います。
その間、どうやってポジティブに生活できるかが重要だと思います。

 

わたしは、徐々にかゆみが引いてきたお肌の変化を実感しています。
それがうれしくて、困っている方にも是非あきらめないことをおススメしたいんです。

更新履歴