敏感肌

MENU

敏感肌とは…?

敏感肌という言葉をよく耳にするようになりましたが、実は確かな定義がある訳ではないのです。
自分が敏感だと思えば敏感肌で、同じような程度でも敏感でないと思えば敏感肌ではないのです。

 

医学的にも「このレベルなら敏感肌」というような線引きはされておらず、さまざまな原因によってお肌に起こる変化に対する反応が早い場合に敏感肌としている感じです。
敏感肌の判断基準はそれぞれだという訳です。

 

ちょっとした刺激や環境の変化にも反応してしまうお肌は敏感肌だと言っていいでしょう。スキンケアのための化粧品や家事などで使う洗剤に反応する場合もあります。
肌が赤くなったりピリピリしたり、ひどい時には炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

最近ではストレスやイライラなどの精神的な原因でも肌荒れを起こす人が増えています。ちょっとした環境の変化や食生活、水など、生活に密着した要因も考えられます。

 

原因はともかく、お肌のセンサーが何らかの変化を感じ取りやすくなっている状態が敏感肌であると言えます。

 

食べ物にも強烈な反応を見せる場合がありますので、一種のアレルギー反応と言える状態の時もあります。
季節によって敏感に反応したりしなかったりする場合もあります。

 

基準がないのでなかなか判断は難しいですが、敏感肌だと実感している人は年々増加傾向にあります。
ちょっとした刺激でお肌の変化を感じたら、それは敏感肌なのかもしれません。