原因

MENU

原因

敏感肌の一番の原因はお肌の乾燥です。
お肌が乾燥するということは、バリアの役割をする皮脂が正常に分泌されていないということです。
お肌の保水量も低下している可能性があります。

 

では、お肌の乾燥を引き起こし、敏感肌に導いてしまう原因は何でしょうか?
乾燥肌を招く原因は一つや二つではありません。
日常生活の何気ない行動が、実は乾燥肌を招く助けになってしまっているのです。

 

・間違ったスキンケアアイテム:
自分のお肌タイプに合っていないスキンケアアイテムを使うことでお肌が乾燥します。
必要以上に皮脂を取り除いてしまうような洗浄力の高いアイテムは、かえってお肌を乾燥させてしまいます。

 

・間違ったスキンケア方法:
スキンケアアイテムは自分に合ったものでも、ケア方法を間違ってしまってはいけません。例えばクレンジングや洗顔でゴシゴシこすってお肌に刺激を与えたり、すすぎ不足で洗顔成分がお肌に残っていたりすると肌トラブルの原因になります。

 

・不規則な生活習慣:
寝不足や過度のストレスもお肌の乾燥の大敵です。
お肌が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーが狂ってしまい、正常な皮脂の分泌に影響が出てしまいます。

 

・偏った食事:
栄養分の偏りや不足もターンオーバーに悪影響となります。
健康なお肌を維持するにはアミノ酸やミネラル、ビタミンといった栄養分をバランスよく摂取する必要があります。

 

また、それらの栄養分が吸収されるのを妨害する喫煙や飲酒はできるだけ避けるようにしなければなりません。

 

・アレルギーが原因かも?:
敏感肌に悩む方は、もともとアレルギー体質の場合があります。
アレルギー対策をとることで敏感肌が改善される場合もあります。
その場合、勝手に判断しないで専門医に相談すると安心です。

 

・腸内環境の乱れ:
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、結果的に血行が悪くなります。
血行が悪くなるとターンオーバーに影響が出てしまいます。
ターンオーバーの乱れは、皮脂の分泌を乱しお肌を乾燥させてしまいます。

 

このように、お肌を乾燥させ敏感にさせてしまう原因は、日常生活の中にごろごろ転がっています。
ちょっとしたことを見直すだけで、敏感肌からサヨナラできるかもしないのです。