予防と対策

MENU

予防と対策

敏感肌にならないようにすすためには、お肌の乾燥を防がなければなりません。
つまり、正常な皮脂の分泌を維持しなければならないということです。
さまざまな刺激からお肌を守るのは皮脂の役目なのです。

 

例えば髪の毛が当たっただけでチクチクを感じたりする場合は要注意です。
お肌が非常に敏感な状態になっています。

 

皮脂の分泌が乱れてしまう原因はスキンケアアイテムにあるかもしれません。
洗浄力の高いクレンジングやアルコール成分の入っている化粧水などは、お肌の乾燥を招くと言われています。

 

毛穴の汚れを落としたい一心で、ゴシゴシこすってしまうのもやめましょう。
大切な皮脂が全部洗い流されてしまいます。

 

食生活や生活習慣はいかがでしょうか?
好きなものばかり食べていませんか?
バランスのとれた食事は、何よりも大切です。
お肌がターンオーバーを正常に行うには、バランスのとれた栄養素が必要不可欠なのです。

 

その栄養分の吸収を妨げる睡眠不足や喫煙、飲酒などは避けるようにしましょう。

 

もしかしてアレルギー体質ではありませんか?
食べのもアレルギーにしろ、ハウスダストにしろ、なにかしらのアレルギーがある時は、専門医に相談してみましょう。
体質が改善されることで敏感肌も改善されることがあります。

 

お通じは正常ですか?
便秘気味の人は、腸内環境が乱れています。
善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いため、体内の毒素が正常に排出されません。
当然肌荒れを起こしてしまいます。

 

このように、原因をきちんと知ることで適切な予防や対策をとることができます。
ちょっと敏感だなと思ったら、何か思い当たることはないか考えてみましょう。
それが敏感肌回避の第一歩です。