MENU

気を付けたい成分

敏感肌の人がスキンケアアイテムを選ぶ時に、できれば避けたい成分がいくつかあります。どの成分もお肌への刺激になりトラブルの原因になる可能性があるものです。

 

・添加物:
海面活性剤や保存剤、防腐剤、合成着色料、香料などが添加物の仲間です。

 

界面活性剤は泡立ちを良くするために使われる洗浄剤の一種です。
特に注意が必要なのはラウリル硫酸ナトリウムです。
シャンプーにも含まれていることが多いこの成分は、洗浄力が強いためお肌を乾燥させてしまう可能性があります。

 

保存剤や防腐剤は化学物質になってしまいます。
よく耳にするのはパラベンですね。
アレルギー反応や炎症の原因になることもあります。

 

合成着色料や香料は見た目や香りづけに使われています。
本来スキンケアには必要なく、特に香料は何由来なのかもはっきりしない場合がほとんどです。

 

・アルコール成分:
殺菌効果が期待できるアルコール成分ですが、お肌の水分を一緒に蒸発させてしまうことがあります。
毛穴の引き締め効果やニキビ対策には効果的なので、思わず使いたくなりますが、かえって乾燥肌を深刻にする原因となります。

 

・鉱物油/ミネラルオイル:
ミネラルと聞くとお肌にとっても有効な成分のように思いがちですが、敏感肌には刺激となります。
ただし、バリアのはたらきをする皮脂は欠かせませんので、オイル成分ならオリーブオイルなどの植物由来の優しい成分を使いましょう。

 

敏感肌の方に刺激物は厳禁です。
いくら高級な成分が配合されていても、少しでもお肌に影響がある場合は、そのスキンケアアイテムはきっぱりあきらめましょう。
スキンケアどころか、かえってお肌をボロボロにしてしまいます。